人気ブログランキング |

museum of modern happiness west53rd日本閣


結婚式場west53rd日本閣のスタッフの目から見た現代人の幸せとは・・・。
by west53rd
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ

<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おめでとうの大合唱

ある挙式でのお話です。
緊張の面持ちで入場してきたご新郎様。
ご新婦様を迎え、誓約の時には、これからの人生をしっかりと、
この女性と歩いていく・・・・そんな固い決意を、少し照れながらも、
しっかりとした声で誓っていらっしゃいました。

言葉で約束を交わし・・・形ある指輪でその想いを贈り・・・今日の約束を証書に記し
退場の時を迎えたお二人。

少しほっ・・・としながらも誇らしく歩き出したご新郎ご新婦様が、チャペルの扉前で
ゲストの皆様に振り向いた時

『おめでとう!! お幸せに!!』

というお友達からのお祝いの大合唱と拍手がお二人を包んでいました。

思いがけないお祝いの言葉に、全ての緊張から解き放たれた心からの
笑顔で応えるご新郎ご新婦様、まるで、笑顔の花が咲いたような結婚式でした。

笑顔はどんな言葉よりも幸せな気持ちを表してくれるんだなぁ・・・ということを、
心から感じることが出来た結婚式でした。

お二人の笑顔を頂き、私たちスタッフも幸せを感じる事が出来ました。
おめでとうの大合唱_d0079577_17950100.jpg



west53rd日本閣オフィシャルHP 結婚式場
by west53rd | 2013-10-25 17:12 | チャペルスタッフ

もうすぐ100年!の日本閣

おかげ様で日本閣は今年で93周年、west53rd日本閣は10月に
8回目の誕生日を迎えました。
こうして93周年、8回目のお誕生日を迎える事が出来たのは
ここまで支えてくださったお客様はじめ皆様のお力添えのお陰です。
たくさんの方々にただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。

さて、先日カフェをご利用いただいたお二人の素敵な女性が
お二人共約20年前、日本閣で挙式をしていただいていたそうで
新しく生まれ変わった日本閣、west53rd日本閣の館内を
ご案内させていただきました。

館内には当時使われていたシャンデリア、パイプオルガン、
布を張り替えて大切に受け継がれているリメイク椅子など当時の
思い出の品がいっぱい!その品々を見て当時の結婚式の話に花が咲き、
嬉しそうなお二人の笑顔を見ているだけで、心から嬉しく胸がいっぱいになりました。

west53rd日本閣は前身の日本閣に、新しい文化を発信する町ニューヨークの魅力を
融合させて誕生した、スタイリッシュで自然光と緑が溢れる会場です。

会場をご案内していくうちに、ご自身のお子様に結婚式をここでやってほしい!
さらにはご自身の結婚式をもう一度ここでやりたい!!とおっしゃっていただけました。

改めて93年の歴史があったからこそ今の日本閣があり、ずっと愛され続ける日本閣なんだ!
と歴史の凄さを感じる瞬間でした。

2020年で100年を迎える日本閣。
これからもずっと愛していただけるようお客様の為に精一杯努めて参ります!と思う今日この頃でした。
(写真は創業当時の日本閣です)
もうすぐ100年!の日本閣_d0079577_13474575.jpg



west53rd日本閣オフィシャルHP 結婚式場
by west53rd | 2013-10-18 13:53 | ウエディングプランナー

人気の和装

今回は、和装についてご紹介させていただきます。
和装には大きく分けて「白無垢」「色打掛」「引き振袖」の
3種類があります。


まず、挙式の時に一番多く着られているのが「白無垢」です。
江戸時代から現代に至るまで最高の格式を持った婚礼衣裳です。
白は汚れのない神聖な色で「嫁ぐ家の家風に染まります」という決意を表しています。

人気の和装_d0079577_11584162.jpg


次にお色直しの時に多く着られているのが「色打掛」です。
鶴亀や松竹梅などの吉祥文様が、金糸・銀糸の刺繍、織や染、箔などの技法で
施されている色鮮やかな婚礼衣裳です。
色合いは、未婚女性の色とされる≪赤≫が一般的です。掛下や小物の色を変えて
コーディネートを楽しんで頂くこともできます。

人気の和装_d0079577_11593483.jpg


「引き振袖」は、未婚女性の第一礼装の中でも、最も袖丈の長いもので「本振袖」、
また、「お引きずり」とも呼ばれます。≪引き≫とは着物の裾を引いて着ることからきています。

人気の和装_d0079577_1201273.jpg


昨今、人気の高い「黒引き振袖」は、江戸時代の武家の正式な婚礼衣裳で、
昭和初期までは白無垢や色打掛よりもよく着られていました。
お色直しに用いられることが多い本振袖は、白無垢とは逆に「あなたの家に染まりました」と
いう意味も込められています。


最近では、「結婚式はドレスなので、写真で和装を残したい」「たっぷりと写真撮影の時間をとりたい」
という理由から前撮りをされるカップルが増えてきています。

和装にも、現代の感覚に合わせた様々なスタイルが取り入れられてきていますが、
古くからの幸せへの願いは、ひとつひとつのアイテム全てに息づいています。
それらに込められた意味を考えるだけでも結婚式というものがいかに特別で、多くの人々の思いが
込められているかを実感できるのではないでしょうか。

衣裳室では、たくさんの和装を取り揃えておりますので、お気軽にご相談下さい。



west53rd日本閣オフィシャルHP 結婚式場
by west53rd | 2013-10-07 12:04 | 衣裳コーディネーター


Information
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧