人気ブログランキング |

museum of modern happiness west53rd日本閣


結婚式場west53rd日本閣のスタッフの目から見た現代人の幸せとは・・・。
by west53rd
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ

<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

結婚式の日取り ~六輝~

桜も満開を迎え暖かい日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

本日は結婚式の日取りについてマメ知識をお伝えさせて頂きます。


結婚式に出かけると「本日はお日柄もよく…」なんて会話を耳にしますよね。。。
「今日は天気わるいのに、何でお日柄がいいのだろう…?!」なんて子供の頃は
不思議に思ったものです。

「本日はお日柄もよく・・・」とは、「今日は吉日で良かったですね」との意味だそう。


そこで、、、、六輝とは

暦に記載される日時・方位など吉凶、その日の運勢などの1つで
先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種を言います。

六輝は、もともと六曜と呼ばれていました。
しかし明治以降、現在の七曜(月・火・水・木・金・土・日)が利用されるようになり、
七曜と区別するために「六輝」と呼ばれるようになったそうです。

六輝は中国で生まれ日本に伝来したのは、14世紀の鎌倉時代末期から
室町時代にかけてとされています。

伝来した当初は、泰安(たいあん)・留連(りゅうれん)・赤口(しゃっく)・将吉(しょうきち)・
空亡(くうぼう)の6種だったとか。

その後、名称・解釈・順序が少しずつ変換し、江戸時代末期頃に現在の名称となり、
民間の暦にひっそりと記載され始めました。

明治時代になり、吉凶付きの暦注は迷信であるとして政府に禁止されましたが、
それがかえって人気に拍車をかけることとなり、第二次世界大戦後の爆発的流行に至ったとか・・・

六輝が流行したのは、意外にも最近のことなのですね。

■大安・・・一日中吉・大いに安しの意味・万事に良いとされる大吉日
■友引・・・大安と同じく良き日・友を引く最良の日
■先勝・・・何事にも素早く実行する良き日・午前中が吉
■先負・・・午後が良いとされる日・先んずれば負けるという意味
■赤口・・・1日穏やかな日・特に正午が良い日
■仏滅・・・親や先祖を敬う日・両親に感謝をするという意味ではふさわしい日


以上の意味合いがありますが、個人的に悪いお日柄(たとえば仏滅)でも気にする
必要はないと思います。

これらの吉凶は人為的に作られたもので、科学的根拠はまったくありません。
私どもスタッフは仏滅に結婚式を挙げることも多く、今でも幸せです。
仏滅からのスタートは上り調子とも言われる程です。

ただ、婚約や挙式をはじめとして、披露宴への招待状や婚姻届を出す日まで、
縁起を重んじる人は現在でも少なくありません。

お2人が気にしなくても、ご両親やご親戚が気にすることもあるでしょう。
そんなときは、ご両親やご親戚の意見を尊重するのが無難だと思います。


人生の節目となる結婚式をどうぞ素敵な一日にして下さい。
お気軽にご見学・ご相談承っております。
結婚式の日取り ~六輝~_d0079577_1827048.jpg





west53rd日本閣オフィシャルHP 結婚式場
by west53rd | 2013-03-31 18:24 | ウエディングプランナー

『友情の愛』

先日お会いしたお客様からこんな話を聞きました!

高校生からの仲良し8人グループ。
メンバー内で初めての結婚式の時、プレゼントは「8人でできる何か」というのをテーマに考たそう。

そして決まったのがリングピロー。

【リングピローは指輪交換時に指輪を置いておくクッションのことをいいます。
また、新郎新婦が愛を誓ったリングピローを赤ちゃんの初めての枕として使用すると
シアワセに育つといわれています】

全員で同じリングピローを使用し、生まれてくる赤ちゃんの初めての枕として使用すると
約束を交わしたそうです。

結婚式って二人の愛・家族の愛・友情の愛とたくさんの愛を再確認できる本当に
素敵なことなんだなと改めて感じました。

友情の証が繋がっていく瞬間を見れるのが楽しみです☆

『友情の愛』_d0079577_17314673.jpg





west53rd日本閣オフィシャルHP 結婚式場
by west53rd | 2013-03-28 17:32 | ウエディングプランナー

春といえばやっぱり…

少しずつ温かくなり、春らしくなってきましたね。
皆様は『春』というとなにを思い浮かべますか?

「新生活」「花粉症」、「菜の花」や「ふきのとう」「たけのこ」といった旬の食材を
思い浮かべる方もいらっしゃるかと思いますが、やっぱり『春』の代名詞の1つで
最も代表的なものといえば「桜」ですよね。

今年は全体的に開花が早く、3月13日には九州で開花が始まり、各地で過去最早記録と
なっていて、東海や関東でも次々と開花しているほか、西日本の日本海側でも記録的な
早さが予測されているようです。

お花見の予定を立てている方は、少し予定を早めたほうが良いかもしれませんね!


そんな中、west53rd日本閣の桜の木にも春が訪れました。
春といえばやっぱり…_d0079577_16344166.jpg



現在は五分咲きなので、今週末には八分咲きになり見頃となりそうです。

ちなみに、ご近所の神田川の桜もご紹介。
春といえばやっぱり…_d0079577_16372016.jpg


今回、ブログ用に撮影したのですが、毎年楽しみにしている桜。
短い時間でしたがお花見気分になりました。

皆様は今年のお花見はどこでする予定でしょうか……?



west53rd日本閣オフィシャルHP 結婚式場
by west53rd | 2013-03-22 16:32 | ウエディングプランナー

ウェディングドレスの歴史

ウェディングドレスの起源はローマ帝国の時代までさかのぼります。

ヨーロッパにキリスト教が普及すると、その教えの拡大とともに
教会での結婚式が行われるようになりました。
その際に王族や貴族の花嫁が婚礼儀式用に着用した衣装がウェディングドレスの
始まりだったと言われています。

この時代の婚礼衣裳は現代の純白とは異なり黄色い色が一般的でした。
当時は縁起の良い花とされるサフランの花を好む風潮があり、そのサフランの花で
衣装を染めて婚礼衣装としていたのでした。


その後中世になると青、赤、緑の絹やベルベットの布地を基調に金糸・銀糸の
刺繍があるものや宝石の装飾を施した華美なドレスが着用されるようになりました。
このような豪華なドレスを用いることによって、花嫁の家の社会的地位や権力を
誇示していたのです。


16世紀末には黒や暗色のウェディングドレスが流行し、黒いドレスに白いベールという
スタイルが広まっていきました。
当時は宗教の戒律を強く重んじられており、宗教の儀式用として着用されていたものを
婚礼衣装としても着用したのでした。


現在のような白のウェディングドレスが好まれるようになったのは、17世紀頃からと言われています。それからなお200年を経て、ヴィクトリア女王の時代になると、花嫁の純潔をあらわすために、純白に加え、肌の露出を少なくするために腕にはグローブや袖の長い衣裳を用いるようになりました。
ウェディングドレスはその時代の思想と社会背景によって変化を遂げてきた各式高い衣装なのです。

ウェディングドレスの歴史_d0079577_154541.jpg



west53rd日本閣オフィシャルHP 結婚式場
by west53rd | 2013-03-20 15:46 | 衣裳コーディネーター

日本閣の歴史。お客様と私の歴史。

こんにちは。
プランナーの清水です☆

春めいてきましたが朝晩はまだ少し肌寒い日が続いていますね。
風邪などひいていませんか?
どうぞ大切なお身体、ご自愛くださいね。

先日、私事ながら、節目となる30才の誕生日を迎えました。

諸先輩方にとっては、まだまだ未熟な年齢かとは思いますが、自分にとっては、
なんだか年齢ばかりが勝手に大人になってしまったような、不思議な感覚です。

大人としての心地よい責任を感じながら、今ここから何でもはじめられるような、
スタート地点に立ったような、自由で身軽な心境にいます。

2005年4月にwest53rdに入社してから、早8年が経とうとしています。
振り返ると、581組のカップルの結婚式にたずさわり、担当としてお手伝いをさせていただきました。

8年前、初めて接客をさせていただいたカップルは、旦那様のお仕事の関係で、現在オーストラリアに
お住まいですが、特別なことがなければ、年に一回、クリスマスディナーに参加してくださり、
再会を共に喜びます。

赤ちゃんが産まれると、報告に立ち寄ってくださったり、年賀状を送って近況を知らせてくださる
お二人もいらっしゃいます。

そうやって、日々、人の歴史が積み重なっていきます。

west53rdのほんとうに素晴らしいところは、ご新郎ご新婦のおじいさまおばあさまが、
日本閣を利用されたことがあるとか、お父様お母様が結婚式を挙げたのも日本閣ですとか、
親子三代にわたって、人生の大切な瞬間にこの場所をおとずれてくださり、その歴史が世代を超えて、
脈々と受け継がれているところです。

長く儚い時の記憶の中で、私の8年間も、静かに、west53rdと溶け合って、存在しています。
いつか、私が担当した新郎新婦のお子様が、大きくなって、また、新しい家族の出発点として、
この場所に帰ってきてくださったら、こんなうれしいことはありません。

今日も私は、人生の時の番人として、厳かな気持ちで、華やかにお客様の旅立ちを送り出します。

「末永くお幸せに!」

日本閣の歴史。お客様と私の歴史。_d0079577_18103315.jpg





west53rd日本閣オフィシャルHP 結婚式場
by west53rd | 2013-03-07 18:15 | ウエディングプランナー


Information
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧